ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2011.04

Pickup Creators VOL.127 大森みず紀

「大森みず紀」。はなみずとおんなのこをかけあわせた不思議な世界観が彼女の魅力。カラフルな色使いとゆるい感じでかわいらしい、味のあるおんなのこが描かれている―。 この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第123回目は「大森みず紀」。彼女の等身大に迫ります!

― 大森みず紀さん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は大森みず紀さんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(大森みず紀)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
作家としての制作活動をしています。展示は国内外のグループ展や公募展に年に数回出展しています。また個人の方からご依頼いただいて絵の制作もしています。 ご希望の方はぜひご連絡いただければと思います。
―Q. 大森みず紀さんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
手描きのアナログ。はなみずおんなのこまたは抽象的な絵しか描けません。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
ギャラリーや美術館へ行くコトが好きです。アニメもよく見てます。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
真っ白な画面に向かった時に少しずつ浮かびます。スケッチや下書きはほとんどしません。描きながらその時の感情に任せて創りあげていきます。あとは綺麗なモノを見た時。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
絵は子供の頃からずっと好きで描いていたのですが、20代前半の頃、大好きな作家さんタカノ綾さんの影響を もろに受けていた絵を描いていて。。。。よく言われました。「タカノさんの絵にすごく似てるね。」と。 タカノさんの真似のような絵を描いて、自分の作品のように人に見せる事が苦しくて、申し訳なくて、情けなくて。。。それから5年くらい絵が描けなくなったんです。 でも絵を描くコトが好きな気持ちは変わらなかった。日記をつけていたノートに、自分らしさを求めて、ひたすら落書きをしていたんです。そこから生まれたのが今の作風の原型です。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
作品の中の女の子達は皆、黒い鼻水を垂らしています。 「はなみずおんなのこ」と自分は言っています。 この鼻水は、様々な想いで涙を流し、泣き終わった後に出てきた鼻水。 その涙は、嬉しさ、悲しさ、感動、怒り、の涙かもしれません。 それは時や状況により変化します。 黒は何色にも染まらない色。 泣き終わった後に生まれた想いのぶれない強さを表現しています。 そして、凝縮された想いの象徴です。 半口を開けた無表情な女の子達の想いが 絵を見て下さった方々のその時、その時の想いにリンクし、変化してくれたら。 その人の心にそっと寄り添うような存在であれたら。 そんな想いで描いています。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
一度見たら誰が描いた絵かすぐわかるインパクトでしょうか。 注目していただきたい部分は 自分の描く絵はほとんどがカラーボールペンを使って着彩したものです。 水彩絵の具は一切使ってません。 また様々なモノを使用してコラージュのように作品を制作しています。 「描く」というよりは「創る」という感覚です。 額もオリジナルで制作しています。 もし生の作品を見ていただける機会がありましたら 画面上では潰れてしまう、繊細な細部をじっくり見ていただきたいです。 またラメやグロス等、光の具合で表情も変化するので 様々な角度から見ていただきたいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
この世の中にあるすべての存在するモノから、たくさんの刺激をいただいてます。 一番影響を受けたアーティストさんはやっぱりタカノ綾さんです。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
自分らしさを忘れない。誰かの真似にならないようにいること。 その時の感情に素直でいることです。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
SAKURAのカラーボールペンシリーズ。その中でも「aquaLipグロスシリーズ」と「SOuffleスフレシリーズ」「Ballsignシリーズ」等はインクの出が良く、塗った感じもまるで絵の具や漆で塗ったような仕上がりになります。安さも魅力的です。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
自分の絵を見て下さった、ご購入いただいた方から嬉しいお言葉をいただいた時。 また自分の絵を必要とされているコトを感じられた時は絵を描いていて本当に良かった!と心から思います。 そんな皆さんに支えられています。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
アナログ作品をデータ化する時に、スキャン時に取り込んだ細かいホコリや汚れを処理するのを忘れまして。。。 担当の方にしていただいて、ご迷惑をおかけしてしまった事があったので それからは気をつけています。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
様々なパターンのはなみずおんなのこを描けるようになりたいです。 CDジャケットや本の装丁、舞台のポスター等も手がけてみたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
様々な場所で自分の作品がもっと見ていただけるように。 そして海外の方にも受け入れてもらえるようになりたいです。 公募展等にも積極的に出展していきたいと思います。 もっともっと魅力的な作品を生み出せるように精進していきたいです。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

大森みず紀さんからのプレゼントです。
こちらから「大森みず紀オリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/hanamizuonnanoco

プロフィール

大森みず紀
大森みず紀
『本当のココロ』『ポジティブな闇』をテーマに日々の想いをはなみずおんなのこで表現しています。
涙を流した後にでてくる鼻水には様々な想いが含まれています。
絵を描くコト。表現をするコトが好きな ただの絵描き人です。 ありのままの作品を生み出し、様々な人々に見ていただけたら。。。 という想いで マイペースに活動しています。
http://ameblo.jp/hanamizuonnanoco/

イベント

●東日本大震災
チャリティー展
■4月12日(火)〜17日(日)
■11:00〜20:00(最終日は17:00まで)
■入場無料
絵画、ポストカード等の展示販売を行います。ご購入頂いた作品は、即日お持ち帰り頂けます。

【アートコンプレックス・センター地下ホール、2階ACT 1】
東京都新宿区大京町12-9
tel/fax 03-3341-3253
MAIL/info@gallerycomplex.com
http://www.gallerycomplex.com/
●桜 Exhibition 2011
■東京 - さくら
□2011年4月8日(金)〜10日(日)※9日、10日お花見交流会
□13:00 〜 20:00
【gallery『さくら』】
目黒区中目黒2−5−28
TEL : 03-6277-2100
FAX : 03-6277-2101
MAIL : jms@crest.ocn.ne.jp

■六本木 - 12G.
□2011年4月18日(月)〜5月21日(土)※クロージングパーティー 5月21日(土)
□13:00 〜 20:00

【ROPPONGI 12G.】
〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-25金谷ホテルマンション2F
TEL : 03-6425-9707
MAIL : info@12g.jp

■NY - EXCY GALLERY
□2011年6月3日(金)〜16日(木)
□月〜土 10:00〜20:00/日 12:00〜18:00

【EXCY GALLERY】
147 WEST 35TH STREET, NEW YORK, NY 10001
TEL : 212-695-1888
FAX : 212-695-5533
MAIL : info@excygallery.com

制作ツール
【画材】
主にカラーボールペンを使用。その他にアクリルガッシュ、クレヨン、色鉛筆、ポスカ、デコレーションペン、マニキュアetc...

はまっているもの

はまっているもの
【るろうに剣心】
中学の頃見ていたのですが、今改めて読んでハマってます。剣心の言葉は哲学です。

おすすめ

■おすすめの1冊
『手紙魔まみ、夏の引っ越し(ウサギ連れ)』
穂村弘歌集 絵:タカノ綾
穂村弘さんの不思議な世界の歌集に、タカノ綾さんの挿絵。不思議な世界にひきずり込まれます。
■おすすめの1本
『もののけ姫』
ジブリの中で1番好きな作品です。人間と自然。アシタカの「共に生きよう」という言葉の意味の深さを感じます。
■おすすめの1枚
『THE BEST '03〜'09』
安藤裕子
絵を描くときによく聴く安藤裕子さんの歌。せつない気持ちで絵を描くコトが多いのでせつない歌詞とメロディーが絵にリンクします。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下書き
    かるく下書きしたものにコラージュをし、全体のイメージを膨らませる。
  • 【2】着彩
    カラーボールペンを水に溶かしながら着彩。
  • 【3】塗り込み
    その他の画材で塗り込みイメージを形にしていく。絵が完成。
  • 【4】額をつくる
    絵のサイズに合わせ制作した額を白くペイント。絵と同じ素材をコラージュ。
  • 【5】完成
    額に絵を入れて完成。