ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2012.02

Pickup Creators VOL.152 Jerky

「Jerky」。元気が溢れて動きのあるPOPな作品。少し不気味だけどかわいらしいモンスターにも注目。 この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第152回目は「Jerky」。彼の等身大に迫ります!

― Jerkyさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はJerkyさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(Jerky)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
大学で研究生をしつつ、コンテスト等に作品を出しています。
―Q. Jerkyさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
男キャラクターと変な生き物が得意というか好きで描いています。小さい頃から変なキャラクターばかりを描いていました。親は変な物ばかり描くので大丈夫だろうか心配していたらしいです。今もですが(笑)
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
街に出かけたり、下手なギターを弾いたり、ゲームをしたりしています。あまり活発に遊ぶ事はなく、ユッタリと過ごしています。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
お風呂に入っている時、寝る前等ありますが、一番は落書きをしている時です。自由に描いていて、そこからアイデアが広がる事が多いです。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
昔から色塗りが苦手で、やり直しが出来るPCで描いてみようと思ったのが始まりです。
はじめは、Illustratorだけで描いていたんですが、手塗りのような温かい絵を描きたいと思うようになり、苦手だったPhotoshopで色塗りを試行錯誤しながら描きはじめ、最所に出来たイラストが「アフロの寝起き」です。この頃は、全部マウスで描いていました(笑) 「モンスター」というイラストは、昔からこういう絵を描いていたんですが、こんなシンプルでヘンテコな絵を作品だと発表して良いのだろうかと悩んだあげく、これも自分だという考えに落ち着き、作品として描くようになりました。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
見た人が元気になるようなイラストです。小学生の頃、休み時間に落書き帳を開き、絵を描いていると皆が集まってきて、笑いながら見てくれていた。 その感覚が今でも忘れられないのかもしれません。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
キャラクターはもちろんですが、背景の方が考えて描いているのでそこを見てもらいたいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
特にこの人、この作品というものはありません。逆に色々な作品から影響を受けていると言っても良いかもしれません。 良い色を使う人だな、この塗り方は好きだ等、良いと思う物は自分なりに消化して取り入れています。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
色です。全色使いたいという衝動に駆られて、色とりどりにしてしまうので、自分なりにゴチャゴチャ見辛くならないように心がけてます。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
下書きは鉛筆で描くので、短くなった鉛筆に取付ける補助軸がオススメです。僕は、どこにでも売ってある100円くらいのをずっと使っています。これを使うと鉛筆を2〜3cmくらいになるまで使えるので無駄がないです(笑)あと、絵を描く紙は、marumanのクロッキー帳を使っています。描き易い気がします。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
初めてグループ展を行なった時です。ずっとしたいと思っていた時だったので色々な人が観てくれて、中には直接 感想を言ってくれる人もいたのでスゴく楽しかったです。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
デスクトップにデータが沢山あるので、整理の為にいらないものを捨ててゴミ箱を空にしたら、間違って制作途中のデータを消してしまったことです。 また初めから描くことになって辛かったですね。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
CDジャケットや絵本を描いてみたいです。あと、立体物を作りたいですね。フィギュアとか。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
コンテスト、イベント等に積極的に参加をしたいです。イベントには、全く参加した事がないので。目標は、高く持てと言われるので、何かしらの雑誌に載せて貰う!(笑)
―ありがとうございました〜。

PRESENT

Jerkyさんからのプレゼントです。
こちらから「Jerkyオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/bananajerky

プロフィール

Jerky
Jerky
イラストレーター

2010年から独学でデジタルイラストを描き始める。 主にポップなイラストを描き、見た人が元気になるような絵を目指している。webの勉強中。
http://www.banana-jerky.com/

イベント

●Tシャツのネット販売
Hoimiさんのところで3月31日までTシャツを3種類 販売して頂いています。 僕以外にも沢山のTシャツがあるので見てみて下さい。
■詳細はこちら

制作ツール
【PC】
5年目くらいの壊れそうなiMacと古いBAMBOOペンタブ。新しいのが欲しい…。

はまっているもの

はまっているもの
【アプリ】
スマートフォンのアプリ「Sketch Book Mobile」で落書きをする事にハマっています。指で描くのは難しいです。

おすすめ

■おすすめの1冊
『給食番長』
大学の先輩が描いている絵本。子供だけじゃなく大人も楽しく読めると思います。あと、小さい変な生き物が絵の中に沢山いるので面白いです。
■おすすめの1本
『時計じかけのオレンジ』
スタンリー・キューブリック
友人から勧められて観た凄く面白い映画。でも映画好き、芸術好きでないと少し つまらなく思えるかもしれません。世界観やセットが とても良いです。
■おすすめの1枚
『Q』
Mr.children
ミスチルの中で一番クセのあるアルバムだと思います。このクセが たまらなく好きなんです。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下書き
    紙に鉛筆で描く。
  • 【2】Illustratorで線を描く
    スキャンした画像をIllustratorのペンツールで なぞります。終わったらパスをアウトライン化して線の先を尖らせて整えます。マイナスが付いたペンツールでアンカーポイントを消してダイレクト選択ツールで線を曲げて綺麗に。ココが大変。
  • 【3】色を置く
    Illustratorのライブペイントで色を置きます。Illustratorでの作業はココまで。psdかjpgで書き出します。
  • 【4】Photoshopで影等をつける
    乗算で影をつけていきます。仕上がっていくので楽しい。出来るだけレイヤーを少なくしようと心がけてますが、どんどん増えるので重くなってソフトが落ちないかビクビクします。5年目 iMacには、辛い作業。
  • 【5】完成
    最後に汚れた紙のテクスチャを重ねて出来上がりですっ!!