ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2012.03

Pickup Creators VOL.156 ざるそば

「ざるそば」。作品のストーリーを想像してしまいそうなシュールさが魅力。その不思議な世界観に引き込まれる。 この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第156回目は「ざるそば」。彼女の等身大に迫ります!

― ざるそばさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はざるそばさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(ざるそば)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
駆け出しですがイラストレーターとして活動しています。イベントに出展したり、ポストカードの制作も行っています。他、異なるタッチでの漫画の作成もしています。
―Q. ざるそばさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
身近なものをモチーフに、それぞれが持っているおもしろいと感じる要素を抽出して物語性の感じられるものを作成するのが好きです。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
だいたい絵を描くぐらいしかしていませんが、民俗学の本を読んだりしています。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
身近なものをモチーフにしているので普段から目に入ったものや外をうろうろしているときなど日常の生活の中でみつけます。細かいネタをとにかく多くためておいて絵に昇華できそうだと思ったものを描いていきます。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
いろんな作風で描いてきましたが自分の好きなものにちかづけるようにして、結果いまの形に落ち着いています。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
日常の中のやや異質な非日常。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
身近なモチーフをどう処理しているか。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
ミヒャエルゾーヴァ。ヤーノシュ。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
インパクトのある強い絵にしたいと思って製作しています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
photoshop。もう10年以上使っていますがまだいろんなことができるし、作業の効率化も図れると思っています。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
仕事として自分の作品を使用したいといっていただくこと。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
パソコン上での作業なので保存には気をつけているのですが、 いちど冬場にブレーカーが落ちて作業中のデータが全消えしたときは途方にくれました。 なんとかデータが消える前より良いものにしようという気力のみで乗り切りました。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
仕事としてはアナログ媒体デジタル媒体にかかわらずさまざまなジャンルに挑戦していきたいです。 個人的にはFlashを使った作品を作成していきたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
絵でしっかりと仕事の基盤をかためていきたいです。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

ざるそばさんからのプレゼントです。
こちらから「ざるそばオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/zarusoba

プロフィール

ざるそば
ざるそば
イラストレーター

日常の中の非日常な風景をテーマにイラストを描いています。 ポストカードの販売などもおこなっています。
http://ameblo.jp/k-zarusoba/

イベント

●イベント出展
■4月1日
そうさく畑
■5月13日
関西コミティア

上記の関西で開催されている創作系のイベントに出展予定です。 ポストカードやカレンダーの販売を行う予定です。 ポストカードはネットでの販売も行っています。

制作ツール
【PC】
現在は全てパソコン上での作業です。

はまっているもの

はまっているもの
【おもちゃ】
ブログ上でも紹介していますがこまごましていてちょっとした工夫がされているものが好きです。

おすすめ

■おすすめの1本
『ひつじのショーン』
ウォレスとグルミットシリーズも好きです。 動きや細かいこだわりが見ていてとても楽しい。
■おすすめの1枚
『ハチミツ』
スピッツ
作業中はさまざまなジャンルの曲を聴きますが、自分が学生のころ聴いていた音楽を聴くとやる気が出やすいです。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下書き
    大体のイメージの下書きを描きます。
  • 【2】色のせ
    ざっと全体的に色をのせていきます。ある程度のイメージと立体感を出すように。
  • 【3】描きこみ
    固有色をのせていきます。
  • 【4】細部描きこみ
    本の模様などの細かい部分を描いて仕上げていきます。