ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2012.05

Pickup Creators VOL.161 輪兎(wato)

「輪兎(wato)」。ノスタルジックな和風イラストレーションを得意とする。多様な和柄を用いた作品は、繊細できめ細やかに表現されている―。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第161回目は「輪兎(wato)」。彼女の等身大に迫ります!

― 輪兎(wato)さん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は輪兎(wato)さんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(輪兎(wato))よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
頂いたお仕事をしながら時々海外展示の場を借りて作品発表しつつ、のんびりと創作イラストを描いてます。
―Q. 輪兎(wato)さんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
デジタルによる平面構成の和風イラストです。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
もっぱら本屋でデザイン書籍等を眺めてます。あと雑貨を眺めたり集めたりするのが大好きです。絵を描く以外の趣味はピアノ演奏です。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
好きなアーティストの作品を聞いたり眺めている時!あと本を読んでいるときもポンと飛び込んでくる時があります。考えようと机に向かってる時はまったく生まれません(笑)
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
浮世絵のグラデーションの鮮やかさと、記号的な表現なのに躍動感あふれるところに感動した時が大きなきっかけです。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
より詩的に。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
画面に散らばる小物の行く先と人物への流れでしょうか。バランスと物語性を重視しています。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
常に影響はあちこちから受けているので言い切れないのですが、まず浮世絵を好きになるきっかけだった月岡芳年と、デザインを勉強したいと思うきっかけになった野田凪、この二人の作品が私の中でとってもとっても大きいです。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
最後の仕上げを急がない事と、ラフをきちんと描いてから制作に取り掛かること、 いきあたりばったりの絵にしないことです。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
月光荘のスケッチブック。色展開がとってもかわいいし裏表紙のイラストが素敵です!
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
やっぱり作品について感想を頂いた時ですね!この喜びは今も昔もどんな時も変わりません。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
三日かけた大作の作品を最後の最後で保存失敗してデータが壊れてしまったことです。 その時は寝ずにもう一度描き直しました笑。バックアップは大切です。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
CDジャケットやフライヤーなどの文字バランスを考えたデザイン物などやってみたいです!
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
まだまだ受け身なのでもっと自分からアクティブに行動したいです。内で作品を作る以外にも外へ作品を持っていったり、他の方の作品を見て刺激を得たり。 あと作る世界を和風ひとつに固定するのではなくそこから柔軟に世界を発展させていきたいです。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

輪兎(wato)さんからのプレゼントです。
こちらから「輪兎(wato)オリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/seeyou

プロフィール

輪兎(wato)
輪兎(wato)
和風、ちょっとノスタルジックでファジーなデジタルイラストを制作しています。

制作ツール
【PC】
父に組んでもらった手作りPC

はまっているもの

はまっているもの
【お香あつめ】
白檀系が好きです。最近空気を洗浄する紙のお香を買いました。なかなかいいです。

おすすめ

■おすすめの1冊
『どこかにいってしまったものたち』
クラフト・エヴィング商會
どこかレトロで切ない、ありそうでない不思議な商品を紹介する本です。 1ページ1ページの演出にすごいこだわりを感じます。クラフトエヴィング節がききまくっています。1日中見ていても飽きません。
■おすすめの1本
『TAMALA2010 a punk cat in space』
キッチュでレトロでキュートなアニメですがひとつ踏み込んで見てみるとあちこちにメッセージが詰め込まれた作品です。何よりタマラがとってもかわいい!
■おすすめの1枚
『the book about my idle plot on a vague anxiety』
toe
メロウでセンセーショナルなサウンドがとってもかっこいいです。よく作業BGMに使用しています。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下書き
    使う色をあらかじめ決めておいてカンバスにスポイトしやすいところへまとめて置いときます。下書きは一度紙に書いてバランスを確認してからデジタル直描きです。
  • 【2】ペン入れ
    作ったパレットから色をスポイトしながらレイヤー別におきます。模様もこの時全部入れます。
  • 【3】背景を塗る
    背景を一気に追加します。
  • 【4】調整
    背景と人物のバランスをとりながら色みを調節。陰影を加える。
  • 【5】完成
    テクスチャを全体にかけて色を調節、完成。