ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2012.07

Pickup Creators VOL.166 シロマルユウタ

「シロマルユウタ」。シンプルな構図と落ち着いた色遣い、心地のよいゆるさが感じられる作品を多く生み出す―。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第166回目は「シロマルユウタ」。彼の等身大に迫ります!

― シロマルユウタさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はシロマルユウタさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(シロマルユウタ)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
イラストレーターとして活動しています。
―Q. シロマルユウタさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
自分なりに解釈した動物や人物、静物などが得意です。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
いろいろあるんですが、一番は散歩です。まだ歩いた事がないところを散歩する事で、新たな発見があったりするので楽しいです。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
日常的な動作をしていて、思いつく事が多いです。 例えば、お風呂で体を洗っている時や、バスの中から外を眺めている時などです。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
ある時、制作していてなんだか作業的というか、作っていて楽しくないと思って もっと肩の力を抜いて描こうと考えて今に至ります。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
なるべくシンプルで少しゆるく、ポップにという感じです。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
色使いと全体のバランスには特に気を使っています。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
レイモン・サビニャックの作品が好きです。あと、ファッションからの影響はあると思います。ファッションを見るのが好きなので。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
色使いと全体のバランスです。この二つが自分の作品では一番重要だと考えています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
オイルパステルです。なかなか思い通りにいかなかったり、ミスすると修正が難しかったりするのですが、 逆にそれが良さだったりするので好きですね。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
自分がデザインして製品になった物を初めて見た時は、がんばって制作して良かったと思いました。あと、展示等で自分の作品を好きだと言ってくれる人に出会えた時です。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
失敗という程ではないかもしれませんが、完成間近になって、細かいミスに気づくという事はたまにあります。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
自分にできる事なら何でも挑戦してみたいです。特に、装丁のお仕事はやってみたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
今までなかなか出来なかった事など、何でもチャレンジしていきたいと思います。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

シロマルユウタさんからのプレゼントです。
こちらから「シロマルユウタオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/shiro46

プロフィール

シロマルユウタ
シロマルユウタ
イラストの分野で活動しています。
http://46graphica.com/

制作ツール
【クロッキー帳】
クロッキー帳と鉛筆です。とにかくまずは、クロッキー帳に描いてカタチを作っていきます。

はまっているもの

【ガチャポン】
ガチャポンが好きでよくやるんですが、最近はアマガエルのシリーズをやり始めました。

おすすめ

■おすすめの1冊
『レイモン・サビニャック フランスポスターデザインの巨匠』
サビニャックの絵がいっぱい載っていてとても楽しいです。
■おすすめの1本
『バッファロー'66』
昔、テレビで放送されているのを偶然見て、あまり期待せず見ていたんですが、惹き込まれました。
■おすすめの1枚
『Here&Now』
Kaskade
制作する時によく音楽を聴くんですが、これはハウスの中でもクセがあまりないので、邪魔されずに集中できます。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下描き
    ざっと下描きして、余分な線を除きます。
  • 【2】色を塗る
    使う色を決めて、塗ります。
  • 【3】模様を描く
    模様などを描いていきます。
  • 【4】完成
    細かい部分や、他の要素を描いて完成です。