ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2012.08

Pickup Creators VOL.171 古澤杜宇子

「古澤杜宇子」。自然と動物をモチーフにアクリル絵の具を使って描かれた作品。静かな雰囲気の中に、植物や動物ならではのあたたかさが加わり穏やかな気持ちにさせてくれる―。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第171回目は「古澤杜宇子」。彼女の等身大に迫ります!

― 古澤杜宇子さん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は古澤杜宇子さんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(古澤杜宇子)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
今は主に描いた絵を、グループ展で発表したり、ウェブ上で作品を販売したりしています。イラストレーターとしての活動も最近始めました。
―Q. 古澤杜宇子さんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
暖かみのある絵柄や、幻想的な絵柄を得意とします。特に動物画が得意です。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
最近はあまり町中を出歩いたりしなくなりましたが、美術館や図書館へ出掛けたり、本を読んだり、自然の中を散歩したりしています。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
描きたいモチーフやテーマを決め、いろいろと連想してみて、頭の中にイメージを構築していきます。あとはお風呂に入っている時とか寝る前に、ぱっとイメージがひらめくこともあります。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
以前は動物や物を擬人化したような、キャラクターっぽい絵を描いていました。 でも、動物や自然をもっとちゃんと描きたい、愛情を持って描きたいと思い始め、描いていたら今のような作風になりました。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
「生命、ファンタジー、アニミズム」です。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
自然や生き物の魅力や大切さを絵で伝えられたらいいなと思っています。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
宮沢賢治さんや宮崎駿さんの世界観、ネイティブアメリカンの思想が好きで影響を受けていると思います。 画家ではミヒャエル・ゾーバさん、日本画の東山魁夷さんが好きです。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
色や配置、動物たちの表情などに気を付けています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
ターナーアクリルガッシュ、ジャパネスクカラー。色味が好きで使っています。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
作品をご購入して頂いたお客様からの暖かいメッセージや、作品についてのコメントを頂いた時です。とても嬉しいですし、勉強になります。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
思うような色が出せなかった時です。色で失敗すると、せっかくのアイディアも台無しになってしまいます。(結構よくあります)
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
ご依頼があれば、本の装丁や絵本の挿絵などの仕事などもやってみたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
まだまだ勉強中ですが生き物や自然の大切さ、命の尊さなどを伝えられる 自作の絵本を作れたらいいなと思います。あとは個展や、海外での展示もしていきたいと思っています。今後とも、どうぞよろしくお願い致します!
―ありがとうございました〜。

PRESENT

古澤杜宇子さんからのプレゼントです。
こちらから「古澤杜宇子オリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/toko

プロフィール

古澤杜宇子
古澤杜宇子
画家、イラストレーター

自然、いきものをモチーフに、イメージを膨らませて描いています。
http://toko-art.net

イベント

●GALLERY ART POINT
2012年8月14日(火)〜8月24日(金)
<8月19日(日)は休廊>
12:30-19:30
<8月18(土)は18:00まで>
http://art-point.jp/
●アートな切手展
2012年10月30日(火)〜11月4日(日) 11:00〜18:00<10月30日(火)15:00より/11月4日(日)16:00まで>
世田谷美術館区民ホールA(砧公園内)
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/index.html

制作ツール
【アクリル絵の具】
大まかに色を分けて整理しています。

はまっているもの

【森】
自然の中を歩いて、気になった野草や樹木を図鑑で調べたりすると勉強になります。

おすすめ

■おすすめの1冊
『モモ』
ミヒャエル・エンデ
時間とは何かについて、美しいファンタジー仕立てで教えてくれます。子供だけでなく、大人にも是非読んでもらいたい奥深い1 冊です。
■おすすめの1本
『銀河鉄道の夜』
宮沢賢治、ますむらひろし
物語が素晴らしいのは言うまでもありませんが、ますむらひろしさん原案の 建物や風景、色などアート作品としても秀逸です。細野晴臣さんの音楽もすばらしい。
■おすすめの1枚
『ADIEMUS Cantata Mundi』
アディエマス
魂に響くような美しい音楽です。アディエマス(カールジェンキンス)の作品はどれも好きで選ぶのに迷いましたが、特にこのアルバムは秀作ぞろいです。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】ラフスケッチ
    頭の中のイメージをスケッチブックにラフスケッチします。
  • 【2】下地を塗る
    キャンバスに下地の色を塗ります。
  • 【3】トレース
    スケッチしたウサギを適当な所に配置してトレースします。
  • 【4】色を塗る
    大まかに下絵を描いたら色を塗っていきます。
  • 【5】完成
    完成です。