ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2013.05

Pickup Creators VOL.194 ヤマモトヒロユキ

「ヤマモトヒロユキ」。3DCGを使ったリアルかつ迫力あるイラストレーション。隅から隅まで作り込まれた背景にも注目―。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第195回目は「ヤマモトヒロユキ」。彼の等身大に迫ります!

― ヤマモトヒロユキさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はヤマモトヒロユキさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(ヤマモトヒロユキ)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
フリーランスでイラスト製作を行っております。プラモデルやゲームのパッケージアートや、トレーディングカードイラストなどの仕事が多いです。最近はコンセプトデザインなどの仕事も増えてきました。
―Q. ヤマモトヒロユキさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
仕事ではロボットのイラストを描くことが多いです。 個人製作ではデフォルメキャラクターを中心にしたファンタジックな世界観の絵ををよく作ります。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
最近はあまりやっていないのですが、音楽を作ったりしています。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
映画を見た後や旅行をしたときなどが多いです。 あとは、仕事をしているときに反動で好きなものが描きたくなる時など、、、
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
元々3DCGをやっていて、それから2Dイラストも描くようになったのですが、 今は両方の利点を生かしたものが作れたら思っています。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
ファンタジーな世界だけど現実に存在しているようなリアル感。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
3DCGの利点である存在のリアル感は殺さないようにしたいと思って製作しています。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
ピクサー、ドリームワークス、ディズニー、ブルースカイスタジオなどのCG映画。 あとは会社員時代に知り合ったりネット上で知り合った色々な友人などにいつも刺激をもらっています。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
キャラクターは目に力が宿るように気をつけています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
最近液晶タブレットを購入しました。直感的なので最初のアイディアを練るときなどには役立っています。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
やっぱり人に見ていただいて、評価していただいた時だと思います。 また、仕事では製品になって世に出た瞬間はすごくうれしいです。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
幸いながらあまり大きな失敗はしたことはないのですが、、、スケジュール管理が甘くて、ご迷惑はおかけしてしまうことが少しありました。。。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
ストーリー性のあるものに挑戦したいです。絵本など作ってみたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
仕事では今まであまりやっていなかった分野に挑戦したいです。書籍や広告など。個人製作ではオリジナルな物語のある作品を作りたいと思います。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

ヤマモトヒロユキさんからのプレゼントです。
こちらから「ヤマモトヒロユキオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/yamowl

プロフィール

ヤマモトヒロユキ
ヤマモトヒロユキ
イラストレーター・CGデザイナー

広告業界、玩具業界、ゲーム業界と渡ってきまして、現在フリーのイラストレーターです。

イベント

最新情報はホームページにて告知いたします。
http://www.geocities.jp/lindwurm00/yam2/

制作ツール
【制作ツール】
WindowsPC、Photoshop、3DstudioMAXデジタルで全工程を製作しています。

はまっているもの

【kindlePaperwhite】
ちょっと読みづらいですが便利です。

おすすめ

■おすすめの1冊
『The Art of Wreck-It Ralph』
映画「シュガーラッシュ」のデザイン設定の本です。様々なテイストのデザインが一つの映画に入っているのですごく見ごたえがあります。
■おすすめの1本
『ブルー 初めての空へ』
キャラクターや動きがすばらしく、内容もとても面白いです。日本で公開されなかったCG映画ですが傑作だと思います。
■おすすめの1枚
『The North Borders』
Bonobo
最高に美しい音楽です。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】ラフを描く
    ラフをざっくり描きます。
  • 【2】背景を描く
    背景をモデリングします。
  • 【3】合成する
    モデリングした背景を合成して様子をみつつもう少しアイディアを練ります。
  • 【4】キャラクターを描く
    手前のキャラクターや木をモデリングします。
  • 【5】完成
    素材を合成した後、様々な描きこみを行い、完成です。