ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2013.05

Pickup Creators VOL.196 山田幸

「山田幸」。摩訶不思議な動物や老若男女が繰り広げられる、シュールでやさしい世界観。ユニークな発想で、観ていると"くすっ"と笑える作品。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第196回目は「山田幸」。彼女の等身大に迫ります!

― 山田幸さん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は山田幸さんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(山田幸)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
作品を作りつつ、売り込み営業をしています。
―Q. 山田幸さんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
動物と子供です。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
真夜中の散歩(徘徊)です。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
トイレの中やカプセルホテル、滑り台に挟まっている時です。手足の自由が制限されると、脳は逆に自由になるのだと思います。独房の囚人の想像力って、実はとんでもない事になっているのかもしれません。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
ずっと緻密な絵を描いていて、肩の力を入れ過ぎ疲れて行き詰まってしまいました。その頃にペンタブに出会い、肩の力を抜いて描いてみたら解放された感じになって今に至ります。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
可愛らしさ、面白さ、やさしさ、です。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
ストーリーのある絵なのですが、想像の余地は残しているつもりなので、物語の続きを自由に想像して楽しんで欲しいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
大阪のイラストの学校に通っていた時に出会った林先生です。やさしくて、ユーモアがあり、常識のある方なのですが、SMの絵等ぶっとんだ作品を、還暦を過ぎた今もおそらく何千枚も描いています。人間的にも作品的にも、とても影響をうけた人です。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
客観性を失わないように気をつけています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
カラスの羽です。インクにつければペンになります。私は消しゴムのカスを払うのに使っています。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
アットクリエイターズから、ピックアップクリエーターズで紹介したいというメールが来た時です。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
「出所」というヤクザが空き缶ポックリに乗って刑務所から出て来る作品があるのですが、下書きは1年前ぐらいに完成してて、最近になって着色した際に自分でもこの絵の意味が分からなかった事です。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
媒体を問わず、イラストのカットやキャラクター製作のお仕事をしたいと思っています。挑戦したいジャンルは漫画です。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
ウォルト・ディズニーのように世界中に自分のテーマパークを作ることが目標ですが、そのために、まず売り込みやイベント出展、コンペ等、目の前にある自分の出来ることを精一杯やっていきたいです。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

山田幸さんからのプレゼントです。
こちらから「山田幸オリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/yamaada

プロフィール

山田幸
山田幸
主にかわいい動物や老若男女を、 シュールな設定でコミカルに、やさしい視点を持ちながら、 明るい色彩を使って描いています。 イラストのお仕事、ご意見ご感想、随時承っております。 よろしくお願い申し上げます。

イベント

●ホームページに新作アップしました。よろしければご覧下さい。
http://yamaada.com/menu/digital.html

制作ツール
【iMac / intuos4 / 事務机】
事務机は職員室にあったような机です。気分だけでも仕事してるって感じになるので気に入ってます。

はまっているもの

【野良猫】
良くマタタビをかがせに行きます。

おすすめ

■おすすめの1冊
『日本ぶらりぶらり』
山下 清
この本は兵隊の位で言えば大将です。
■おすすめの1本
『NHK-DVD ヤノマミ』
ヤノマミ族はアマゾン奥地の原住民族です。彼らは人は死ぬと天で精霊として生き、最後は地上で虫となって消えると考えています。まったくの同感です。
■おすすめの1枚
『NEW ORDER SUBSTANCE 1987』
CDコンポが壊れて、トレーからDisk1が取り出せなくなった思い出の一品。Temptationって曲は何百回も聴きました。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下書き
    ポストカードサイズのワトソン紙に、鉛筆で下書き。
  • 【2】ペン入れ
    下書きをスキャナで読み込んだものに、ペンタブでペン入れ。
  • 【3】着色
    パーツごとにレイヤー作成して着色。クリッピングパスを使って陰影をつけます。
  • 【4】完成
    最後にマインドコントロールを解いて完成です。