ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2013.08

Pickup Creators VOL.206 伊藤彩恵子

明るくカラフルな水彩で表現される温かみある作品。
絵本に登場しそうな可愛いらしい動物たちや少女が多く描かれています。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第206回目は「伊藤彩恵子」。彼女の等身大に迫ります!

― 伊藤彩恵子さん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は伊藤彩恵子さんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(伊藤彩恵子)よろしくおねがいします。
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
絵画/イラスト/ポストカードを制作し、ギャラリーで作品を発表しています。2012年頃から「使用される/きっかけになる絵」を意識するようになり、 現在イラストのお仕事やコンペに積極的に取り組んでいます。
―Q. 伊藤彩恵子さんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
明るくカラフルな水彩と、物語のありそうなアクリル画です。可愛い/綺麗/不思議/面白い/気になる/好き・・シンプルでプラスのエネルギーを持つ絵を描いていきたいと思っています。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
読書と迷子と音楽。最近は携帯に地図とコンパスのアプリが入っているのでなかなか心強いです。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
本を読んでいて、気になる言葉を見つけたとき。バスや電車や喫茶店で、クロッキー帳やノートなど薄い紙に落書きしているとき。素敵な、とても好きな展示や作品を見たあと。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
美大在学中の4年間に、とにかくたくさん描いてたくさん展示して人に見てもらうことを心がけていました。その中で好きなモチーフや描きたいテーマ、 自分の表現に合った画材を少しずつ知っていきました。版画とポストカードを制作していた影響はかなり大きいと思います。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
きっかけになる絵、部屋に飾りたいお気に入りの一枚。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
【イラスト】 パッと見たときの絵具の色の綺麗さと、近くでじっと見たときの模様や構図の面白さに好感/興味を持ってもらえるよう工夫しています。

【絵画】 見る人が色々想像できるよう、余地のある絵を目指して描いています。誰かにとっての癒し、元気が出る、立ち止まって考えるきっかけになることができたら嬉しいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
シャガールの色彩、クリムトの模様、クレーの試行錯誤する感じ。日本画のモチーフの捉え方や、絵具の「きらっ、ぱさっ」という質感もすごく好きです。 絵以外では、たくさんの本。装幀はもちろん文章、ストーリーからも影響を受けています。特に20歳前後に読んだよしもとばななさんの小説から多くのきっかけをいただきました。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
描くべきところをきちんと丁寧に描くこと。色・形・模様・キャラクター・空間・どこかに絶対に魅力的な部分を作ること。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
イラストボード(シリウスSA/厚み1.5mm)水彩でもアクリルでも水をたくさん使うので、表面がデコボコにならないイラストボードを使用することが多いです。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
展示で絵やポストカードなど作品を買っていただいたこと、自分の時間を割いて展示に来てくださる人が存在したこと、お仕事のご依頼をいただいたこと、 自分が描いた絵に気付いてもらえたこと・・まだまだたくさんあります。 自分の絵が必要とされ、誰かのしあわせに繋がるとき、絵を通して人とコミュニケーションをとることが出来たとき、とても嬉しく思います。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
展示する絵を制作するとき、10〜20点くらいの作品を一気に描き始め、半分くらい未完成にしてしまうことがあります。 イラストのお仕事ではラフをきちんと描くので、この失敗をしたことはありません。絵画の制作過程にもラフやエスキース時点での試し塗りを取り入れて改善しようとしています。 ただし、考えながら絵を描いて画面全体をどんどん変えていく描き方もすごく好きなので、両方の良いところを合わせて描いていきたいです。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
装画、挿画など本に関わる絵を描きたいです。雑誌の特集記事や星座占いページを彩るイラスト、広告、絵本、雑貨・・挑戦したいジャンルはたくさんあるので、 お仕事をいただけるように日々の制作と売り込みに力を入れていきたいと思います。布の図案、テキスタイルにも興味があります。 傘や着物、洋服、スカーフ、扇子やカーテン等のデザインに関わるお仕事をしてみたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
(全部書き出したら物凄い文字量になったので一度消して、)一言にまとめると「絵を描いて生きていくこと」です。 たくさんの目標を立ててひとつひとつ丁寧に達成していきたいと思います。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

伊藤彩恵子さんからのプレゼントです。
こちらから「伊藤彩恵子オリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/ito_saeko

プロフィール

伊藤彩恵子
伊藤彩恵子
東京都在住の画家/イラストレーター

水彩・アクリル絵具を中心に、「部屋に飾りたいお気に入りの一枚」 「きっかけになる絵」を目指して制作しています。
http://ehagakiya.houkou-onchi.com/
http://itosaeko.jimdo.com/

イベント

むそうするひび
伊藤 彩恵子 展 六
2008年から毎年11月に展示させていただいています、GALLERY YOYOGIでの6回目の個展です。
DMご希望のかたはWEBサイトから〒住所お名前をお送りください。

■日時
2013/11/11(月)〜16(土)
11:00〜19:00 (最終日〜18:00)
■場所
ギャラリー代々木
http://gallery-st.net/index.html

制作ツール
【画材】
筆を写真に入れ忘れてしまいました、水彩は中くらいのサイズ一本で描いています。水彩色鉛筆は下描き用で、ときどき仕上げに使用します。

はまっているもの

【部屋の片づけ、掃除】
制作が行き詰ってくるとわかりやすく部屋と机の上がごちゃごちゃになるので、片付けと一緒に頭の中もすっきり整理します。

おすすめ

■おすすめの1冊
『モモ』
ミヒャエル・エンデ
小説を読む楽しさに気づいた、最初の一冊。装画も大好きです。
■おすすめの1本
『千と千尋の神隠し』
カオナシと一緒に電車に乗っているシーンがすごく好きで、今でも制作中のBGMによく聞いています。
■おすすめの1枚
『オーディオビジュアル』
小林大吾
数年前初めて入った下北ヴィレッジヴァンガードで衝動買いした一枚です。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】ドローイング
    アイデア出し作業。適当な紙にどんどん描いて、その中から下絵を決定します。
  • 【2】下描き
    イラストボードに水彩色鉛筆で薄く輪郭を描きます。紙が荒れるので消しゴム厳禁。複雑な下絵のときはトレーシングペーパーを使います。
  • 【3】着彩
    水彩で、全体を見て色を決めながら塗っていきます。ティッシュが必需品です。
  • 【4】色鉛筆
    しっかり乾いたら消しゴムで下描きを消し、細部を色鉛筆で描きこみます。
  • 【5】完成データ化
    スキャンして色とサイズを調整して完成。