ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2013.12

Pickup Creators VOL.215 nocconokko

ご夫婦でタッグを組み、アナログならではのやさしさ溢れるナチュラルな雰囲気のイラストレーションを描く。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第215回目は「nocconokko」。お二人の等身大に迫ります!

― nocconokkoさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はnocconokkoさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(nocconokko)よろしくおねがいします。
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
TwitterやFacebookページで作品を発表したり、イラスト雑貨を作ったり、たまにイベント出展や展示をしたり。余裕のある時には、絵本のコンクールにも応募をしています。最近になって、イラストのお仕事も頂ける様になりました。
―Q. nocconokkoさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
絵本の1シーンの様な、物語が感じられて、温かみのある、主に子供の世界をアナログタッチで表現することが得意です。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
夫婦で活動をしているので、休日は、夫婦で行動しています。カメラやスケッチブックを持って散歩をしたり、モノづくりが大好きなので、問屋さんで素材やガラクタを探したり、雑貨屋さんや本屋さんを巡って資料を探すのも好き。基本的に、夫婦同じものを見て、ふむふむ、と感心したり、おおお〜と感動したりしています。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
海外の雑誌や、自分の好きを集めたスクラップBOOKを開いた時などに、こんな世界が描きたい、とイメージが広がっていきます。あとは、何気ない時にふと、ほわん、と落ちてくる事が多いです。アイデアをいつでも受け止められるように、常にアンテナを張りながら生活している感覚です。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
3年間雑貨店で働いた後に、半年ほど、商品企画のお仕事をさせて頂く機会があり、中でも、オリジナル年賀状の制作に関わらせて頂いた事が、大きな経験になりました。今までのように自分だけ満足するのではなく、多くの方に共感して頂けるモノを作るという課題を頂いて試行錯誤した事で、とても苦労しましたが随分と鍛えられて。あと、原画で100%にするのではなく、印刷されて初めて100%になるように計算して描く、という感覚を現場で学べた事も大きかった。お仕事から学んで、今の作風に行きつきました。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
「かわいらしさ」。雰囲気がかわいい、とか、色合いがかわいい、とか、仕草がかわいい、といった、ナチュラルで心地よいかわいらしさ、多くの方に共感を頂けるようなかわいらしさを表現する事にこだわっています。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
作品を描くまでの過程を、とても大事にしていて。そのテーマについて夫婦間で意見交換をしたり、納得がいくまで資料を集めたり、可能な限り時間をかける事で表現できる作品の深み、とか、世界観を感じてもらえたら嬉しいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
沢山の方から影響を受けていますが、基本的な部分はすべて、学生の頃に、絵本作家の高畠純さんから教わりました。それまでは、絵が上手ならそれでいいと思っていたけれど、そうではない、という事を教わって。表現するという事、そのためにとことん調べる事、考える事、描く事、遊ぶ事、など。今でもよく振り返ります。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
独り善がりにならない事。色を選んだり、デザインをする際にも、普段自分が使わない色を選んでみたり、一歩引いて作品を見てみたり、まだまだ私の技術が追いつかないけれど、毎回同じ印象を与えないように、いつも新しいチャレンジをするように心がけています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
水彩で絵を描く際には、ホルベインの透明水彩を使っています。影をつける際に毎回使うセピアの発色が、とてもきれいで。アクリルで絵を描く際には、ターナーのアクリルガッシュを使っています。程良いマット感が好きです。あと、最近、ファーバーカステルのPITTグラファイト鉛筆をよく使っています。線の強弱がつけやすくて気に入っています。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
学生の頃から絵本を描いていましたが、ずっと、コンクールに応募するのみで。落選したら「あぁ、まだ何か足りないのか・・」と落ち込んで。作品を人に見せることも無かったので、孤独だったし、自由に表現する心の余裕も持てなくて、とにかく賞を獲らなきゃ、と自分を追いつめてばかりいて。 絵本から距離を置いてイラストを描くようになって、展示をしたり、SNSで作品を発表をするようになり初めて、温かいコメントを頂いたり、SNSでの案内を頼りに展示に足を運んで頂けたりと、目に見える形での反応を頂けるようになった事が本当に嬉しくて。心の余裕も出来て、自然と自分の表現も出来るようになりました。作品を見てもらう事って、とても大事だなと思います。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
まだまだイラストレーターとしては経験が浅いので、後々になってからデザインをやり直したい(汗)と、自分のイラストを見て恥かしくなったり、多々あります。基本はアナログで描きますが、デザインソフトを今以上に使いこなせたら、更に表現の幅が広がるなあと感じるので、もっと勉強していきたいです。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
ステーショナリーや、パッケージのデザインは、挑戦したいお仕事の一つです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
まだまだ豆つぶですが・・・イラストレーターとしての経験を積んで、表現の幅を広げて自信をつけてから、また絵本の世界に挑戦をしたいと思っています。どんな田舎の書店にも並ぶような、そんな絵本をいつか出版したいと思っています。あとは、来年は、もっと積極的に展示をしていきたい。まだまだ表現の幅を広げていかないとと思っていて。くじけそうになる事も多いけれど、夫婦手を取り合って、のっこのっこと前に進んで行きたいと思っています。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

nocconokkoさんからのプレゼントです。
こちらから「nocconokkoオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/nocconokko

プロフィール

nocconokko
nocconokko
イラストレーター

2013年〜イラストレーターとして活動開始。
温かく、優しく、外国の絵本のようなおしゃれな色合い・デザインにこだわりながら、「nocconokko」(のっこのっこ)の世界観溢れたイラストを描いています。 表現方法は様々、自由な表現を心がけています。
フランスや、ヨーロッパのデザインをよく参考にしています*
http://nocconokko.art.coocan.jp

イベント

【クリエイターズマーケット】
2013年12月7日(土)、8日(日)ポートメッセ名古屋で開かれるクリエイターズマーケットに両日出展します。2号館ミニブース(M-607)です。

制作ツール

【制作道具】
ホルベインの透明水彩やターナーのアクリルガッシュなど。最近好きな画材は、ファバーカステルのPITTグラファイト鉛筆。デジタルの併用でも、アナログの温かみを大切にしているので、画材は色々試しています。

はまっているもの

【プラバンブローチ制作】
一つ一つ、丁寧にアクリルガッシュで着色しています。沢山作ってクリエイターズマーケットでも販売します。

おすすめ

■おすすめの1冊
『ヨーロッパの町と村
そのデザイン、アメニティ、
プランニング』
グラフィック社
著 井上裕・浩子
ヨーロッパの町や村の美しい写真が沢山紹介されています。歴史背景なども分かりやすく紹介されているので、資料としても役立っています。
■おすすめの1本
『花とアリス』
岩井俊二監督
少し昔の映画ですが、一枚の絵画のような独特な世界観が大好きで、今でもたまに観たくなります。
■おすすめの1枚
『ばらいろポップ』
SINGER SONGER
大好きなcoccoとくるりが一時的に結成したバンドのアルバム。楽しさが伝わってきて元気になるので、今でもよく聞いてます。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】資料集め
    できるだけ沢山資料を集めます。
  • 【2】ラフ、トレース
    資料からイメージしてパーツごとにラフを描き、ホワイトワトソンにトレースする。
  • 【3】着色
    ホルベイン透明水彩で着色。まずはセピアで影を入れてから、色を入れていきます。
  • 【4】配置
    Photoshopにスキャンして取り込み、色補正をして、Illustrator上に配置する。
  • 【5】完成
    テクスチャなど重ねて変化をつけて完成。