ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2013.12

Pickup Creators VOL.217 よねこめ

テクスチャやブラシを使ったほんわかしたタッチでかわいらしい女の子や動物たちを描く。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第217回目は「よねこめ」。彼女の等身大に迫ります!

― よねこめさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はよねこめさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(よねこめ)よろしくおねがいします。
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
絵を描いてアートイベントに参加したり、SNSに載せたり、年賀状素材やアプリ素材など、イラストのお仕事もさせて頂いてます。
―Q. よねこめさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
ほんわかしつつストーリー性のあるイラストが得意です。人間と動物が仲良くしてるイラストをよく描いています。少し和っぽいテイストで描く事も多いです。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
最近はよく旅行に出かけてます。近場から日本各地や海外とか色々です。行く先々で買ったものなど、後で見返すとすごく楽しいです! あとかわいい雑貨屋さんやおしゃれなカフェに行くとテンションが上がります!
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
かわいい物や人、動物に出会った時とか、それ描きたい!と思います。 あとは通勤中の車の中とかでふいに思いついたりします。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
学生時代は漫画家になりたくて、モノクロイラストばかり描いてたのですが、 ブログでカラーのイラストを載せていたら色々と反響頂いて、 そこからイラストのお仕事など頂くようになって、カラーの方に力を入れるようになりました。 ふわっとした線や色がすきなのでこういう画風に落ち着きましたが、 今後は初心に帰ってペン画とか色んな技法を取り入れていきたいです。 ちょっと憂いのある絵とかも描いてみたい。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
こういう場面に出くわしたいなと思ってもらえるようなイラストを 常に描いていきたいというのはあります。 あとは単純にかわいいと思って頂けるように。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
自分の中で絵のストーリーとか裏設定とかを考えたりしてますので、 人物や動物の表情にも注目して頂けると嬉しいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
最初は魔法陣グルグルですかね。表紙がどれも可愛くて小学生の時ずっと真似してました。 それから立本倫子さんのメイキングを何かの本で拝見して、 デジタルでもこんなアナログな絵が描けるのか!と思ってデジタルにはまりました。 それにイベント等で素敵な作家さんにたくさん出会うので、 私もこんな風に絵が描きたい!と常々刺激されてます。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
まず自分が可愛い!すき!って思えなければ、自分の絵を人にすきになってもらえる訳がないと思ってます。 自分が一番のファンでいれるようにっていつも心に置いてます。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
Photoshopです。素材感のあるブラシが多くて重宝してます。 私はタオルブラシをよく使用してます。ラフの際は2Bくらいの濃い鉛筆が描きやすくて、スキャンもしやすいです。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
やはり絵を見て好きと言って頂けた時でしょうか。 イベントで大きなパネル絵を目の前で購入して頂けた時はすごくすごく嬉しかったです。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
納品日に送ったと思っていたデータがトラブルで送れてなくて連絡が来たのですが、 外出中で、仕方なしに友人の家で納品した記憶はあります。焦りました…
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
書籍の表紙や、児童書の挿絵などもっとたくさんやってみたいです。 元々マンガを描いてたのもあって、本への憧れが強いので。 あと、ステーショナリーグッズの企画なども興味があります。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
この絵といえばよねこめ!と思ってもらえるようならしさや個性のある絵をもっと追求していきたいなと思います。 あとハンドメイドのグッズ展開も紙雑貨以外にたくさん考えていきたいです。 個展もいつかしてみたいですね。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

よねこめさんからのプレゼントです。
こちらから「よねこめオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/yonekome

プロフィール

よねこめ
よねこめ
水彩画×デジタル画…など

滋賀県在住 イラスト・デザイン・絵本などで イベント参加を中心に活動中。
ほんわかしたタッチで女の子や動物などの絵を描いています。 透明水彩、色鉛筆、Photoshop等を使用。 よろしくお願いします^^
http://iroharetro.com/

イベント

【デザインフェスタvol.39】
2014年5月17(土)・18(日)両日出展します。http://designfesta.com
【2014年賀状素材】
2014年の年賀状素材のお仕事を数件担当させて頂きました。
http://iroharetro-works.tumblr.com

制作ツール

【制作道具】
imac/PhotoshopCS6/WACOMペンタブレット
ラフはB4くらいのクロッキー帳に描き溜めてます。

はまっているもの

【marimekko】
マリメッコの小物となると何でも集めたくなります。奇抜だけどセンスがあって大好きです。

おすすめ

■おすすめの1冊
『おやすみラフマニノフ』
中山七里著
ミステリーなのですが、人間関係が複雑で読んでいくうちに主人公にすごく共感が持てました。あと音楽描写がすばらしくて圧倒されます。
■おすすめの1本
『くまのがっこう ジャッキーとケイティ』
絵本のくまのがっこうの世界がそのまま再現されてます!配色やジャッキー達の服装が細かくおしゃれで動きもすごくかわいくて大人も楽しめる映画だと思います。
■おすすめの1枚
『ether [エーテル]』
レミオロメン
どの曲も好きで、たまに聞きたくなるアルバムです。ドッグイヤーという曲を聞くと旅行に出かけたような気分になれます。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】ラフ・下書き
    鉛筆で紙にざくざくと描いていきます。何度か納得がいくまで描き直します。
  • 【2】トレース
    Photoshopに下書きをスキャンしてペンタブでトレースします。線は無視して色を直接のせていきます。
  • 【3】描き込み
    Photoshopの素材ブラシなどで人物の影や質感などを描いていきます。
  • 【4】完成
    全体を見ながらテクスチャ等をレイヤー効果で重ねて色味を調節します。