ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2014.05

Pickup Creators VOL.226 望月宗生

シャープペンシルで描かれる女性美。髪の毛一本一本から描かれる繊細な描写で、よりリアルな美しさが表現されている―。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第226回目は「望月宗生」。彼の等身大に迫ります!

― 望月宗生さん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は望月宗生さんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(望月宗生)よろしくおねがいします。
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
主に絵画として画廊などで展示・販売をしています。また、絵画オーダーをいただくこともあれば、イラストとしてご依頼をうけて絵を描く活動もしていて、イベントに参加するような時は似顔絵やライブペインティングもしています。
―Q. 望月宗生さんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
シャーペンでのリアル描写による理想の女性美の表現が得意です。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
基本的に休日は設定していないです。趣味はバスケ、キックボクシング。…だったのですが最近は制作に追われてやれていないので筋トレにとどまっています(笑)
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
日常生活で強く感じる社会に対する怒りや不条理、矛盾からコンセプトが生まれます。ヴィジュアル的なアイデアはファション誌を読んでいる時に浮かびます。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
シャーペンは学生時代の落書きの延長で、リアル描写は小さい時から好きでした。なので写実専門のホキ美術館はお気に入りです。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
シャーペンアートでは世の中のあまりよろしくない既成概念をぶち壊すことが目標です。なので周りからの受動的な常識に縛られずにちゃんとした自分の言葉を持ち、なおかつお互いの違いを認め合える世の中にできる活動をしたいです。それを可能にする作品を描きたいです。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
被写体の女性が見せる追求された造形美。あとは一本一本丁寧に描いた髪の毛です。可能であれば原画を見て生の空気感を味わってほしいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
VOGUEやELLEなどのファッション誌に載るモデルさんが理想です。完璧で、ある意味嘘の美しさ。様々な手を加えられて理想化されたあの写真は現実ではないけど、だからこそ希望を与えてくれる。画家さんではウィリアム・ブグロー、島村信之など。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
濃淡の幅をなるべく広くすることと、画面全体の構図は綿密に練るようにしています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
おすすめは特に…(笑)むしろメーカーによる違いが分からないので今後勉強したいと思います…!
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
展示で作品を見てもらった時、「ありがとう」と言ってもらえたのは嬉しかったです。お仕事でも「あなたの絵じゃなきゃ嫌だ」と言ってもらえたのは作家冥利に尽きました。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
完成後にシャーペンや練り消しを落とした時はヘコみます。定着スプレーをかけた後に未完成の部分に気づいた時も。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
お仕事は主にファッション、美容、ヘアー、ジュエリーの分野に携わりたいです。あとピアノを習いたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
これからは世界中の人々の人生を僕の絵を使って豊かにしていきたいです。シャーペンのようなしょうもない画材だけど、だからこそ希望を与えられる可能性を秘めていると思います。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

望月宗生さんからのプレゼントです。
こちらから「望月宗生オリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/mochizuki

プロフィール

望月宗生
望月宗生
シャープペンシルを使って人々の人生をより豊かにすることを目標にアート活動をしています。
僕の絵から可能性や希望を感じてもらい、それぞれが豊かな人生を歩んでほしいです。
■HP
http://ekafs.com/
■ブログ
http://ameblo.jp/summer-raptor/

制作ツール

【制作道具】
シャープペンシル、パステル、練り消し、消しゴム

はまっているもの

【コカ・コーラ(1.5L)】
制作のストレスを吹き飛ばしてもらってます。身体に悪そう。

おすすめ

■おすすめの1冊
顔の形の美しさ
どういった顔の造形がどのような印象を与えるかが分かるので、顔の印象からも絵のコンセプトにアプローチできます。
■おすすめの1本
『デジモンアドベンチャー 僕らのウォーゲーム!』
子供のころから好きで今でも心に根付いてます。したがってサマーウォーズも好きです(笑)
■おすすめの1枚
『シフクノオト』
Mr.Children
ミスチルは大好きなので全部おすすめですが、このアルバムには一番心に響いた「掌」が入っていて特にお気に入りです。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】下描き
    この時点で完成構図を完璧に決めます。
  • 【2】挿し色を塗る
    パステルで色を塗ります。作品によっては色を後に塗ることもあります。
  • 【3】右から出来上がっていく
    手で擦れてしまうため片側から完成していきます。僕の場合左利きなので右から出来上がっていきます。
  • 【4】ティッシュで擦る前
    ある程度描いたらティッシュで擦って仕上げる→次の場所を描く→ティッシュで擦る、の繰り返し。画像は擦る前段階。
  • 【5】完成
    なぜか髪の毛の線は最後に入れる。全体の濃淡のバランスを調整して完成。