ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2014.08

Pickup Creators VOL.232 TORII DAISUKE

勢いある線とファッショナブルな色使いが、コミカルなキャラクターたちを躍動させる―。
この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第232回目は「TORII DAISUKE」。彼の等身大に迫ります!

― TORII DAISUKEさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はTORII DAISUKEさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(TORII DAISUKE)よろしくおねがいします。
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
フリーランスとして、Tシャツデザイン、CDジャケットデザイン、キャラクターデザインなど幅広く活動しております。
―Q. TORII DAISUKEさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
専門学校でキャラクタービジネスを専攻していたこともありキャラクターデザインを得意としております。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
建築物やお寺、公園をカメラで撮って散策するのが好きですね。あとストリートフィギュアや玩具をコレクションしているので、探しに行くのも休日の楽しみです。意外な掘り出し物が見つかると気分が上がります。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
街を歩いているとき、ふと目に入るグラフィティや人々の服装、音楽などに刺激されアイデアが浮かびます。そのとき必ずメモ帳を用意してその場でラフを記憶しますね。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
幼い頃から絵を描くことが好きで、毎日のように好きな漫画家の絵を模写していました。ある程度のコミカルでポップな絵は描けるようになりましたが、リアルな人物、背景などデッサン力が乏しく陰影なども苦手でした。苦手なことを克服するよりも、得意なコミカルでポップを活かしたキャラクターを極めようとグラフィティやポップなプロダクト、アートを見て今の強弱のあるアウトラインでポップな作風に至りました。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
ポップでカッコよくてキュートさを取り入れたキャラクターです。常にその時代にあったカッコいい、kawaiiなどを追求しています。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
アウトラインが私の作品の生命線と考えておりますので、線の強弱は欠かせないです。グラフィティのような勢いのある絵柄と線画、配色ですかね。パッと見てインパクトを残す勢いのあるキャラクターが持ち味です。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
ファッションブランドのA BATHING APEのデザインや配色は刺激を受けていますね。グラフィックアーティスト、プロダクトのクリエイターとして活躍しているKAWSの個性的な作品にも影響をうけました。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
線の強弱とアウトラインを鮮明にすることを意識し、気をつけています。配色はファッション雑誌など参考にし今の流行色なども取り込むようにしています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
昔から愛用しているのはuniのPOSCAですね。丸芯の先をわざと潰して線に強弱ができやすいようにしてます。macで作業するときはAdobeのIllustratorのパスがメインになります。アウトラインの作成に適したソフトですね。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
展示会にわざわざ来場された方や作品を買ってくださった方が応援のお言葉、作品を好きだと言ってくれたときに描いてきてよかったと感じます。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
お仕事を頂き、キャラクター数十体を描いたのですが結局採用に至らず自分の力不足を思い知らされました。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
プロダクト(フュギュア)などの制作も挑戦してみたいですし、立体化した自分 のキャラクターを見てみたいです。国内だけでなく海外にも視野をいれ色々と展開できればと思います。あと、漫画や絵本のようなストーリー性のある作品にも興味があります。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
今後も様々なイベント、展示会に積極的に参加し私のキャラクターを沢山の人に見てもらえるように頑張っていきます。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

TORII DAISUKEさんからのプレゼントです。
こちらから「TORII DAISUKEオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/fanky

プロフィール

TORII DAISUKE
TORII DAISUKE
ストリート風なファンキーでPOPなキャラクターを描いております。
独自の世界観で描くキュートでカッコいいキャラクターを是非見て下さい。
■HP
http://fankyfactory.ninja-web.net/

イベント

【ANDC fashion】
Tシャツ
ANDC fashionで私がデザインしたTシャツが販売中。

制作ツール

【制作道具】
Mac illustrator、Photoshop uniのPOSCA コピック

はまっているもの

【フィギュア】
以前からフィギュアをコレクションしています。欲しいものがあれば買ってしまいます。

おすすめ

■おすすめの1冊
『KAWS』
kawsの初期から今に至るまでの作品が掲載されていて、キャラクターの勉強になります。
■おすすめの1本
『恋する惑星』(1994年/香港映画)
ウォン・カーウァイ監督の世界観やオシャレな雰囲気が好きです。
■おすすめの1枚
『N.E.R.D.』
Spazz
Pharrell Williamsが結成したロックバンド。独特のロック志向なサウンドが作品を制作しているときに新しい刺激を加えてくれます。

制作工程

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】ラフを描く
    コピー用紙にPOSCAでラフを描く。
  • 【2】ラフ画の取り込み
    ラフ画をスキャナーでMacに取り込みPhotoshopで修正。
  • 【3】アウトラインを描く
    illustratorのパスで線の強弱を調整しながらアウトラインを描きます。
  • 【4】色塗りと微調整
    色を加え、細かい部分の微調整を行います。
  • 【5】完成
    最後に背景や文字を加えて完成です。