ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2015.4

Pickup Creators VOL.247 むうめぐ

レトロ・アンティーク風で、落ち着いた色合いの世界観。
可愛らしい動物たちの日常が覗けます―。


この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第247回目は「むうめぐ」。彼女の等身大に迫ります!

― むうめぐさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日はむうめぐさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(むうめぐ)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
フリーランスのイラストレーターとして、雑誌の挿絵・表紙やCDジャケット、年賀状、デコメ素材、スマートフォンカメラアプリなどのスタンプ、フォトブック等を制作しています。 時々アートイベントにも参加させて頂いており、粘土やイラストで作った雑貨などを展示・販売しています。
―Q. むうめぐさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
SemiDark(セミダーク)をコンセプトに、レトロ・アンティーク風で、世界観のある絵を心掛けて描いています。 特に動物や自然、植物が好きでよく描いています。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
休日はカフェへ行ってのんびり暖かい紅茶やココアを飲んでみたり、雑貨屋さんなどへ行ってオシャレな雑貨を見たり買い物をすることが多いです。 余裕があれば旅行も好きなので国内、海外旅行へ行きます。 自然が大好きなので、海や森などにも時々行っています。 色んなもの・景色を見ていると、自然と絵のアイデアや描きたい絵がどんどん浮かんでくるので、嬉しくなります。

あと、ジャズやクラシックなどの音楽も大好きなので、だいたいいつも聴いています。 それから、粘土で雑貨を作ることも好きです。 結構趣味は沢山あるのですが、どれもやっぱりアート関係が多いかもしれません。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
旅行などで素敵な景色を見た時や、カフェにいるとき、音楽を聴いている時が多いです。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
最初はリアルに近い絵を描いていたのですが、それから可愛い系のドット絵に変わって、ドット絵から今に近い絵になり、可愛い系から、レトロ・アンティーク風のSemiDarkな絵となりました。 実は今の絵の雰囲気は、一番最初に描いていた絵の雰囲気に似ていて、結局、SemiDarkな雰囲気が一番好きなんだなあとわかり、今の絵に辿り着きました。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
SemiDark(セミダーク)です。 セミダークとは、造語なのですが、ちょっと暗いけれど、ちゃんと明るさもある、というような意味の言葉です。 暗闇だけど、ちゃんと光はある。不安もあるけど、幸せもちゃんとある。そんなふうに想える作品を作りたいと思い、制作しています。 あとは、作品を見ている瞬間は、安心したり、夢のような世界へと旅している気持ちになってもらえたらいいなあ、とも思いながら制作しています。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
作品の色や、雰囲気にこだわっています。 明るすぎない明るい色や、暗すぎない暗い色、SemiDarkな雰囲気で、ほっと安心できたり、幸せに想って頂けたらとても嬉しいです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
たくさんの方や作品から影響を受けていると思うのですが、特に、エリック=カールさんの「はらぺこあおむし」と、ミュージシャン「たま」のライブビデオ(今はDVD)からの影響が多いと思います。 たまの作品は、少し不気味でとっても不思議な、世界観のあるものばかりで、いまの私の好きな雰囲気と似ていることに最近気が付きました。

はらぺこあおむしも、たまのライブビデオも、小さい頃によく見ていたので、自然と影響を受けていたように思います。 それから、J.K.ローリングさんのハリー・ポッターシリーズ(本、映画両方)や、トーベ・ヤンソンさんの作品も大好きなので、こちらからも影響を受けていると思います。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
自分らしい作品になるように、気を付けています。 あとは、モチーフなどの配置にもとても気を付けています。少し位置をずらしただけで印象ががらりと変わる事もあるので、一番難しいところでもあると思っています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
PhotoshopCS5とIllustratorCS4を使って制作しています。 文字やロゴなど、手描きのものを使う時は、PIGMAという細いペンを使用することが多いです。 あとはアクリル絵の具やえんぴつなども使っています。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
作品への嬉しいメッセージや応援を頂いた時ですね。 本当に嬉しくてとても励みになっています。 それと、絵のお仕事を頂けた時も、描いててよかった!と思える瞬間です。 想い浮かんだ絵をスムーズに描けた時も、とっても嬉しくて、やっぱり絵を描いててよかったし、まだまだ描いて行きたい!と思うのです。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
失敗というより、後悔なのですが、1、2年くらい前までは、デザインや描きたい絵をどう描こうかなどと考えすぎて、案は結構たくさんあるのに描かずにおわることが結構ありました。 まだ描いてもいないのに、「微妙かも・・」と勝手に想ってやめてしまったり。でも、そんな案でも、きちんと描きはじめてみると、意外と良い作品になることもあるのです。

なので、小さなことでも思いついたらとりあえずラフを書き残しておくようにしています。 そうしたら、次にラフを見たときに、更に良い案が浮かんだり、それをちゃんとした作品に完成させられたり、良いことが増えました。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
たくさんあるのですが、特に、絵本を作ってみたいです! それと、布のデザインなどの、ファブリック関係や、雑貨関係も作ってみたいです。 常に色んなことにチャレンジしていたいです*
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
色んな絵のお仕事をして行けたら良いなあと思っています。 そして、これからもたくさんの絵を描き続けたいです。 常に前を向いて、前へ前へ進んで行きたいです!
―ありがとうございました〜。

PRESENT

むうめぐさんからのプレゼントです。
こちらから「むうめぐオリジナル壁紙」をダウンロードできます。

http://www.creatorz.jp/semidark

プロフィール

むうめぐ
むうめぐ
フリーランスのイラストレーターとして、雑誌の表紙や挿絵、年賀状デザイン、CDジャケットデザインなどのイラスト関係の仕事を手掛ける。
■公式HP
http://sorahana.ciao.jp/

イベント

LINEスタンプ販売中です!
https://store.line.me/stickershop/product/1026020/ja

制作ツール

【制作道具】
Windows7、PhotoshopCS5、IllustratorCS4、WACOMのペンタブレット・マウス、絵の具やえんぴつ、PIGMA(ペン)等を使用して制作しています。

はまっているもの

【ドライフラワー】
アンティーク雑貨やドライフラワーを見たり飾ったりするのが好きです。

おすすめ

■おすすめの1冊
『ムーミン谷への旅』
トーベ・ヤンソンとムーミンの世界
ムーミンのことや、トーベ・ヤンソンさんのこと、フィンランドについて詳しく書いてあり、写真や絵もあって、心が温まるようなとても素敵な本です。
■おすすめの1本
『colobockle Animation
つづきのおはなし』
立本倫子さんの作品が好きなので、たまに見ています。 独特な世界観が素敵です。
■おすすめの1枚
『Piano de Bossa』
ピアノのボサノバCDです。 昔からピアノが大好きなのと、最近ボサノバも好きになったので、よく聴いています。とても癒されます。

メイキング

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】ラフ制作
    作品の案を手描きで簡単に描きます。 場合によってはもう少し細かく描いて、完成予定の絵にもっと近いラフを描きます。
  • 【2】テクスチャや手描きモチーフ・ロゴ制作
    テクスチャはアクリル絵の具やえんぴつで描いた線、画用紙などを使用しています。 文字やロゴは手描きのものを使用することが多いので、だいたいいつも手描きで描いてスキャンして使います。
  • 【3】Illustrator作業
    ラフを元に、形の難しいモチーフや大きなアイテムなどをIllustratorで描いて行きます。 この時、色は仮の色です。だいたいの色で描きます。
  • 【4】Photoshop作業
    Illustratorで描いた絵をPhotoshopに持ってきて、上からテクスチャを置いて行きます。 細かいモチーフやまだ描いていなかったモチーフも、テクスチャを使用しながら描きます。

    この時、色をしっかりと調節して行きます。 テクスチャが置けたら、Photoshopのペンで細かい模様や線、飾りなどを描きます。 場合によってはアンティーク風に加工します。
  • 【5】完成
    最後に、色や配置などの最終チェックをして完成です。