ユーザーログインフォーム
ユーザーログイン

@CREATORZ SPECIAL CONTENTS 2015.5

Pickup Creators VOL.249 金る

水彩ならではの紙や筆の質感と力強さ。「アナログ」へのこだわりが、人物の表情にさらなる深みを与えます―。

この企画は、アットクリエイターズがキラリと光る作品を独断と偏見でピックアップ、素晴らしい作品を生み出すクリエイターをご紹介します。
「Pickup Creators」第249回目は「金る」。彼女の等身大に迫ります!

― 金るさん、こんにちは。今回はお忙しいところお時間をご用意いただき本当にありがとうございます。今日は金るさんご自身について、いろいろ教えて頂きますので、よろしくお願いします!
(金る)よろしくおねがいします
―Q. まず始めに現在はどのような活動をされておられますか?
インターネットの他、イラスト投稿誌などで作品を発表し、ご依頼で冊子の表紙や包装紙のデザイン等を担当させていただくこともあります。
―Q. 金るさんが制作される作品の得意分野を教えて下さい!
描きたいイメージやモチーフに合わせ、様々なテイストのものを描いていますが、透明水彩絵の具は最も長い間扱っているので、水彩のイラストは描きやすいです。
―Q. 休日の過ごし方や作品を制作される以外で趣味があれば教えて下さい。
休日は普段より時間があるので、公開を意識しない作品を描いたり、練習に使ったりしています。
制作以外では音楽を聴くことが好きなので、CDの収集やYouTubeでのPV鑑賞が趣味です。
―Q. 作品のアイデアはどのような時に生まれますか?
絵の具や色だけを見て浮かんできたり、急に頭の中で鮮明に出来上がっていて離れないということもあったりと、様々です。
―Q. 現在の作風に行きついた経緯を教えて下さい。
初めは漫画家に憧れ、好きなキャラクターを真似して描くことが多く、その都度影響を受けた作家さんの作品によって自分の画風も変わりました。
趣味ではイラスト、課題やコンクールでは写実系の絵を描き、好きなものも共通性がなく色々なものに興味があるため、一つの要素ではなく複数の要素を組み合わせ、今の作風になりました。
―Q. 作品のコンセプトを教えて下さい。
意図的に、描き方や全体的な色彩、ジャンルや画材などを変え様々なイラストを描いているのですが、全てに共通し、一貫して意識しているのは、アナログ作品であることです。
―Q. ご自分から見られて、作品の魅力または、ここに注目してほしいという部分はどのあたりでしょうか?
表情から感情を読み取れるような描き方を意識しており、顔の描写は特に集中して行っています。
なにより、「綺麗な顔」を描きたいという思いが強く、中でも瞳や肌の質感に時間を掛けることが多いです。
―Q. ご自分の作品に影響を与えている見本となっている作品や人などおられますか?
透明水彩絵の具を使うきっかけとなり、水彩画で最も影響を受けたのはいわさきちひろさんです。
絵画、イラストとは異なる分野で表現活動をしている方からも影響を受けています。
―Q. 作品を制作する時に一番気をつけている部分はどのあたりですか?
好きな作業、特に細部の描き込みを先に行ってしまうことがあり、一部分にこだわりすぎるのではなく全体のバランスを見ながら進めるよう、気を付けています。
―Q. 今まで使用してきた制作道具の中でおすすめの画材やソフトがあれば教えて下さい。
ホルべインとW&Nの透明水彩絵の具、呉竹の顔彩が気に入っています。
もう販売されていませんが、100均で買った極細の筆が使いやすく、傷んでも良い味が出せるので6,7年ぐらい捨てずに今でも使っています。
モノクロでは細部を描くとき、アイライナーが便利です。
―Q. 今まで活動してきて作品を制作していてよかった!と思った出来事を教えて下さい。
絵を描いているからこそ出会えた人たちが本当に魅力的な方ばかりで、そういった人たちに少しでも関われたことが嬉しく思います。
―Q. 今まで活動してきてお仕事や制作作業などでの失敗談があれば教えて下さい。
失敗というより、悩みといった方が近いと思いますが、手描きの作品のためどうしてもスキャンして取り込み、補正するという作業が必要になり、元の絵でこだわった部分の全ては、画面や紙面では表現できないことです。
原画を見ていただく機会として個展や展覧会への出品もありますが、以前あるコンクールで入賞し展示を見に行ったところ、全ての入賞作品が直に画鋲で貼り出されているのを目にし、原画を外部で展示することは考えられなくなりました。
―Q. これからやってみたいお仕事や挑戦したいジャンルはありますか?
録音した自分の声に絶望し、音楽の道は諦めたのですが、色々なアーティストさんたちをずっと尊敬し、制作の上でも常に音楽が支えになっているので、何かしらの形で作品に関わることが出来れば、と思います。お声が掛かればぜひ、CDジャケットイラストなどを描かせていただきたいです。
「金る」の作品から知っていただけることが多いのですが、ホラー、オカルト系の絵柄のお仕事もしてみたいです。
―Q. それでは最後に今後の抱負、目標、こういったことにチャレンジしたい!などお聞かせ下さい。
表現の幅を広げつつ、何を描いても、見てくださる方に自分らしさが伝わるような作品が描けるように努力したいです。
―ありがとうございました〜。

PRESENT

金るさんからのプレゼントです。2種類の素敵な壁紙をご用意いただきました!ダウンロードはこちらから。

http://www.creatorz.jp/kanelu

プロフィール

金る
金る
「金る」または「兼古ゼツト」という名前で作品発表をしています。

大学に通いながら水彩画、アクリル画などイラストの制作をしています。
主にアナログでの創作を得意としておりアニメ、漫画調やリアルなタッチなど、様々なジャンル、テイストの絵を描いています。

イベント

【iPhoneケース】
itaxesにて、現在iPhoneケースとステンレス名刺入れをお取り扱いいただいています。
https://www.itaxes.jp/creator800001016/800001016

制作ツール

【制作道具】
パレットに絵の具を固めて使用。

はまっているもの

【オキシー】
メントール配合の製品の使用感が気に入っていて、色々と集めた結果、オキシーに落ち着きました。 化粧水は旧パッケージのものです。

おすすめ

■おすすめの1冊
『バンギャルちゃんの日常』
蟹めんま
共感できる部分もあり、体験していない部分に衝撃を受けたり…。
V系バンドのファンであることから手に取ったのがきっかけで、楽しく読ませていただいています。
■おすすめの1本
ホラー系全般
おすすめ…となると、これといった一本は出てこなかったのですが、ホラー作品は何でも見ます。
■おすすめの1枚
『UNDER:COVER』
T.M.Revolution
中学生のとき、偶然見ていた音楽番組で西川さんの歌声に衝撃を受け、以来CDを集め始めて、初めに手にしたアルバムです。
有名な曲のセルフカバーアルバムなので、もとのバージョンと聴き比べるのもいいです。

メイキング

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 【1】線画
    ホワイトワトソンに、シャーペンで線画を描く。
  • 【2】彩色(下地)
    色を乗せる部分に水をしき、乾かないうちに色を数色置き、グラデーションにする。
  • 【3】彩色(髪、目など)
    毛束を意識し、暗めの色で筋、影を付ける。
    目も同様に、始めに淡い色を置き、乾いてから睫毛、瞳孔部分に暗い色を置く。
    光の部分は地の白を残す。
  • 【4】彩色(全体)
    バランスを見ながら色を置いていく。塗り方は基本的に上記と同じ手順。
  • 【5】完成
    細部を整え、完成。